トップ

AGAとフケの関係

頭皮トラブルでAGA悪化

AGAを悪化させてしまうフケ

男性の場合には、中高年になると薄毛に悩む人が増えて来ます。また、薄毛と同時にフケが若い頃よりも増えたと感じる人もいるでしょう。きちんと洗髪をしているはずなのに、フケの出る量が多いときには要注意です。なぜならフケが増えるとAGAになりやすくなるということがあるためです。

薄毛の進行と同時にフケが増えている場合には、その原因を探って改善を図っていく必要があります。そのまま放置しておくとAGAが進行して行き、ますます髪が薄くなってしまいます。

フケはそもそも頭皮の新陳代謝によって発生するものです。健康な人でもフケは出ます。しかし、頭皮になんらかのトラブルがあると、フケの量が増えてきます。ストレスが原因でマラセチア菌が増えてことで、皮脂が過剰に分泌されてフケが増えるケースと、逆に頭皮が乾燥してフケが増えるケースがあります。

いずれの場合もフケそのものがAGAの原因になっているというわけではありませんが、頭皮環境が悪化していることのシグナルとして受け取れます。フケと同時に頭皮にかゆみを感じる場合やフケがべたついている場合には特に注意が必要です。

ストレスが原因となって皮脂が増えることは想像つきやすいですが、皮脂を落とすため洗浄力の強いシャンプーを使い、頭皮の乾燥を招いていることが意外と多いのです。脱毛とフケが気になる方へ、" class="glink">AGA治療ならこちらです。


健康的なフケの仕組み


フケと聞くと汚いものだというイメージを持つ人が多いですが、人間は生きている限り誰でもフケが出るものです。人間の身体は新陳代謝により常に新しい細胞が作られていて、その分だけ古い細胞はいらなくなります。

頭皮に関しても同じで、新陳代謝によりいらなくなった頭皮の細胞がフケになります。皮膚のいらなくなった細胞が垢として出て来るのと同じで、フケも垢の一種なのです。この通り、フケが出ることは生きている上でごく正常なことだと言えます。

健康な人の場合には頭皮の中にある細菌がフケを分解するため、フケが出てもあまり目立ちません。しかし、頭皮があまり健康でない状態になってくるとフケが目に見えて目立つようになってきます。

主に皮脂が多すぎてフケが目立つ場合と、頭皮が乾燥してフケが目立つ場合があります。皮脂が多すぎて発生するフケは、ホルモンバランスの乱れや偏った食生活に原因があることが多いです。毛穴に皮脂が詰まってしまうことで抜け毛が増え、AGAの原因にもなります。

また、その状態を改善しようとして、1日に何度も洗髪をしたり洗浄力の強すぎるシャンプーを使用することで、頭皮を乾燥させてしまう場合もあります。フケを落とそうと爪を立てて力強く洗髪することで、頭皮に傷が付いている例も多いです。そうなると粉末状のフケが目立つようになります。

いずれのパターンにおいても、頭皮があまり健康でないことを意味します。気になるようであれば、医師による診察や治療を受けることが望ましいでしょう。